日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  中国のアジア侵略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国から日本に向くミサイルは300発以上!その中には核弾頭ミサイルも含まれる!?

本日も読んで頂き、有難うございます。引き続き、最後の締め(オチ)募集中です(*^_^*)


今日は、中国から日本に向くミサイルは300発以上!その中には核弾頭ミサイルも含まれる!?


について書いていきます。

3月16日、台湾を代表する情報機関である国家安全局の蔡得勝局長が、台湾の立法院(国会に相当)の外交・国防委員会で国民党立法委員の質問に対して答弁し、中国が新型の「東風16」短距離弾道ミサイルを台湾に向けて配備し始めたことを明らかにしました。


中国ミサイル
↑日本に向けられる山東省のミサイル。日本は銃を向けられて中国と対等な交渉が出来るのでしょうか?
犯罪者に正論は通用しません。犯罪者に対してはこちらも自己防衛をするべきではないでしょうか。平和を語るだけでは、本当の平和は訪れません・・・。

 
 中国はすでに短距離弾道ミサイルは大量に保有しており、中国本土から約200キロメートルしか離れていない台湾をターゲットにする限りにおいて、その射程から東風11、東風15で十分なはずです。新型の短距離弾道ミサイルを開発する必要性があるとは考えられません。

 では、なぜ中国は、より射程距離の長い東風16を開発したのか?考えられる理由は2つあります。

 1つは、より内陸部から台湾を攻撃する能力を持つことです。飛翔するミサイル弾頭は、飛距離が長くなればより落下スピードが増します。弾頭の落下スピードが速ければ速いほどミサイルの迎撃は難しくなるのです。

 つまり、台湾が配備しようとしている「パトリオットPAC-3」でも迎撃が困難な状況になります。

 もう1つは、東風16は台湾向けに開発されたのではなく、本当の狙いはおそらく沖縄なのです。

 東風15でも、福建省の東部から発射すれば宮古島までカバーできます。しかし、在日米軍が集中する沖縄本島には届きません。東風16の射程距離があれば、沖縄本島をターゲットに収めることができます。

 なぜ沖縄なのでしょうか。

 中国がすでに配備を開始したと される対艦弾道ミサイル「東風21D」によって米海軍空母の台湾への接近を阻止できるとしても、米軍には沖縄という「不沈空母」があります。

中国ミサイル範囲 ↑中国のミサイル範囲。日本全土はすっぽり全部おおわれています。中国は核弾頭ミサイルを含む300発以上のミサイルを日本に向けています!


 すでに中国は、台湾に向けて東風11、15など1400基以上のミサイルを配備し、台湾のミサイル迎撃能力をはるかに超えた「飽和攻撃」が可能な態勢を敷いています。

 中国が同様なことを沖縄にも仕掛けてくることをわれわれとしては想定しておくべきです。




 沖縄問題については色々な意見があり、特に下記の様なコメントが多くメディアでも聞かれます。
 

その内容は・・・。

「沖縄の環境が破壊されてもいいのか?」
「米軍による事件があとをたたないのをご存知か?」
「沖縄だけが負担を被るのか?」
「日本に自衛隊も在日米軍もいらない これだけ平和なのだから」



と、現実を直視せず、揚げ足をとったメッセージばかりです。

沖縄から米軍が去ったら、直後に中国の人民解放軍がやってくるのは明白です。

米軍は日米安全保障条約に基づき、日本を守っています。

誰から守っているかというと、主に中国北朝鮮からです。

その守り神を排除すれば、この2国が沖縄を日本を攻めるのは明白でありますが、にもかかわらず、平和ボケした日本人のいかに多いことでしょうか。

こう記すと、私が「米軍に頼ることが、日本国家を守る唯一絶対の正しい方法」と主張しているとすぐに誤解する人が多いのもまた困ります。

新聞とテレビのニュースだけで、知ったかを気取り、「平和を、子供に未来を、争いのない社会を!」と綺麗事を語るのは、簡単ですよ。

そういった綺麗な理想を語るのは美しく、また他人からの共感も得られやすく、なによりもそう発言する人が人格者に見えてしまう。争いの無い時代とは本当にあるのでしょうか?それがあるのならば、この世の中に犯罪者泥棒は居ない事になります。そんな事考えられますか?それと同じ事です。皆が良い人なんて事は絶対にないのです!

ルールを破ったり、人を殺したりするような色々な人間が居るのと同じように、国際ルールを破り、自国の核保有は許すが他国の核保有は許さないといった中国の様な自分勝手な国も多々あるのです。

上記のような国が、隣にあるのに全くない日本人の危機感・・・。


「仕事と家庭で日常はヘトヘト、たまの休日は車いじりとドライブ・オフ会で手一杯。

え?政治? そんなの興味ない。誰が首相になろうと、与党になろうと、私には関係ないから。

でも、税金も社会保険料もガソリンも値上がるのは嫌だな。

日本がこうなってしまったのも、全て政治家が悪いんでしょ?

こんなときだから、与党も野党も協力すればいいのに。

ん?外国人地方参政権? よくわからないけど、テレビに出ている外国芸能人もいい人そうだし、いいんじゃない、認めちゃっても

こういう混乱の時こそ、カリスマ性のある小沢一郎を復帰させるべきだ」

こんな意見を持った日本人、貴方の周りにいませんか?

こういった無知で政治に関心を持たない日本国民と、一部の政治家一部の官僚が、今の弱体化した日本を作り上げてしまったのです。

まずは、正しい情報収集を、そしてそれを周囲に広め、正しい選挙投票を行いましょう。

あなたの行動は、あなたの今後の人生と日本を決めていってしまうのです。
そして、子供たちの運命も握っている事を考えなければならないのです。


本日も長い分にお付き合い頂き、有難うございました(^_-)-☆


☆明日のブログ予告☆
アメリカは日本にとって本当の「トモダチ」なのか?

平等とはいえない関係と言われていますが、実はアメリカの方が損をしている?!について書きたいと思います。


あと、今日のブログを読んで頂いて中国が危ないと思った『あなた』

是非、まわりの方々に中国の事を忠告してあげて下さい。

中国忠告。「中学」並みのダジャレですみません。

毎日、「オチ」に付きあって下さる『あなた』・・・。きっと器の大きい素晴らしい方なのでしょうね。

普通の人ならブチ切れてます。きっと。

最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。

    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/06/09 01:54 ] 中国のアジア侵略 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
74位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。