日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  天皇陛下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇陛下とは・・・。今後の人生を変えられる存在。

皆さんは天皇陛下をご存知でしょうか。
では、どういうお方で何をされているかご存知でしょうか。
私も、正直な所を申しますと日本を知ろうとするまでは全く興味がありませんでした。

しかし、色々調べていくうちに大変素晴らしい方だという事に気付きました。それと同時に、今までの自分の生き方や日本に対する思いに反省をさせられてしまいました。

最初に言っておきますが、私は右でも左でもありません。天皇陛下の事を知って思ったのは「今後の自分の人生の為になる」の一言です。私が少しでも天皇陛下のご意識に近付くことができたなら「家族や周りは幸せになる」と思います。この意味は文章を最後まで読んで頂ければ、ご理解頂けると思います。


では、そもそも天皇陛下とはどういう立場の方でしょうか。

天皇陛下のお立場は、「日本の象徴」と憲法では定義付けられています。

では、「日本の象徴」とは何でしょうか。正直わかりにくいですし、あいまいです。
分かりやすく言うと、日本を代表して行動をされ日本国民に対し模範であり諸外国に対して日本国のイメージを少しでも良いものにされている事であると私は思います。

そして、天皇陛下は日本の誰よりも日本の事を大切に思い日本国民を案じておられる方だと思います。
これは、東日本大震災時の行動でも証明されております。


↓天皇陛下は世界的にもすごいお立場であらせられます。


報道はしっかりされていませんが、ご高齢ながら被災地への精力的な訪問をされ、被害が甚大な地域にはヘリコプターに乗り現地へ向かわれました。精力的に被災者の方々とお会いになり、被災者と同じ目線を合わせお話をされました。

↓被災地訪問のご様子


東電の計画停電では、皇居は計画停電外であるにも関わらず、自ら第1グループと位置付け、計画停電の時間に合わせて電気を落とされたそうです。お食事の時もろうそくを立てられ、寒い時も周りの人達が体調を心配し、言葉をかけた時も「震災被害者の方々は電気を落としても、これ以上の苦労をされている。寒さは厚着をすれば大丈夫」と仰ったそうです。

宮内庁は25日、御料牧場で取れた卵などを避難所に届けました。
天皇皇后両陛下が、「ささやかではあるが、避難している人たちのために役立てて欲しい」と指示されたということです。
栃木県那須町の那須御用邸内にある職員用温泉入浴施設が26日、同町に避難している福島県の被災者に開放された。
「何か役に立つことはできないか」という両陛下の意向を受けて実現したもので、雪の中をバスに乗った22人が訪れた。宮内庁によると、同庁関係者以外が利用したのは初めてです。

上記の天皇陛下のご行動は、大きな意味を持っています。
まずは、「つらい思いをされている方々と同じ立場にならないと、その人達の気持ちはわからない」という事。
そして、人は美味しいものを食べると幸福感があり心が癒されること。
同じように暖かいものに包まれると、人は幸福感が生まれ、そして気持ちを落ち着かせることができる。


この、人が生きていくうえでの、最低限の幸福感がどのようなものか陛下はご存知であらせられるのです。
単にお金を出すということや声をかけるということだけでなく、今まで被災地を何度となくお見舞いに行かれたことと、それ以上に自分が「日本国の人々に対して何ができるか、何をすべきか」という帝王学を幼少ときから常に自分の身の上で考えてきた本物の人だからできることだと思います。


つい、陛下が前例の無いことをされたと表面的なことに考えがいきがちですが、戦前に生まれ本来ならば昭和天皇と同じ日本を動かすことも視野においた人間ならではの、日本国民への深い慈の念を感じます。
国民のことを考えることとは何か、それは大言壮語ではなく人の心の深くまで思いやることができることであることを陛下は私たちに教えてくれます。


それにひきかえ、私利私欲で国民の事を考えない場合はどのようになるか?
その答えは東電の対応です、自社の保養地を被災者に開放することも無く、自分たちの論理を想定外という言葉で言訳ばかりして何もしない姿です。民主党も同じくです。国民に放射線データを隠し、被災地の事を第一に考えずアピールだけの為に浜岡原発に停止要請を何の相談もなく突然出し、被災で倒産に追い込まれる企業を放置しているこの状況。
天皇陛下と比べる事は、あまりにも失礼ですが、せめて同じ日本を代表する立場である菅首相には1%でも天皇陛下のご行動を見習ってほしいものです。


陛下のように、人が幸福に暮らせていくには何が必要なのかを考えて行動して結果を出すのとは大違いです。
私はこの対称的な出来事の結果に、多くのことを学ばせていただきました。
そして、私は天皇を戴く日本という国に生まれてよかったと思います。
人としての品格というものがどういうものなのか、天皇陛下は私たちに良いお手本を見せてくださいました。


そして、この大切な事を教えない義務教育に頼らず、自ら子供たちに天皇陛下の意識教育をしていきたいと思います。
「思いやり」「即実践」「模範となる行動」(恥ずべき行動をしない)
こういう子供たちが大人になったら、きっと20年後30年後の日本は苦労を知らない、バブル時代に育ったワガママな人間が支配する希望のないこの世の中とは正反対のものになっていると思います。

国を作るのは、国民1人1人の意識だと改めて感じました。





最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/12 01:41 ] 天皇陛下 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
74位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。