日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  日本の良い部分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の国旗がマネされた?!【パラオと日本の真実】

日本人なら誰もが知っている「日の丸」。国旗に対して良いイメージをもたれない方もいらっしゃると思います。
国歌斉唱をしない人もいると思います。人それぞれ考え方があると思いますが、まずひとこと言わせて下さい!どちらかに該当される方は日本を出て行って下さい!


今回は「日の丸」に尊敬の意を表して、同じような国旗を掲げている国があるのでご紹介したいと思います。
その国は「パラオ共和国」と言います。

パラオ共和国」と「日本」は過去にどういう関係があったのでしょうか?


パラオ共和国は1885年にスペインに植民地化されます。1899年にはドイツに450万ドルで売却されました。
第一次世界大戦後にパリ講和会議によって日本の委任統治領になります。


↓パラオ共和国(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AA


↓パラオ共和国と日本の感動物語


日本の統治領になるまでは、インフラ整備や教育は全く行われていませんでした。
しかし、日本の統治が始まってからは学校や病院、道路など各種インフラの整備が重点的に行われ、1920年代頃になるとコロールは近代的な町並みへとその姿を変貌させていきました。文字を書けない人達も多かった事から日本語による学校教育が現地人に対しても行われました。

第二次世界大戦(太平洋戦争)が始まると、コロールは海軍の重要な基地として北西太平洋方面の作戦拠点となった。そのため、西方のフィリピン戦線の状況と連動して連合軍の攻撃対象となり、1944年にはペリリューの戦いなどで両軍に多くの戦死者を出しました。ペリリュー島の戦いでは日本軍が民間人を島から逃がしたため、日本軍が全滅したのに、パラオ民間人に1人の死者も出さずに済みました。

上記の動画のように、日本人として誇りを持てる内容は「メディア」や「教科書」に出てきません。「日の丸」を敬意を払って同じ様な国旗を使っている事や、日本軍が現地住民(外国人)に被害が及ばない様に配慮した事実。何故こういう話が教科書に載らないのでしょうか?戦争を美化する事はとは別に、戦争とは本来民間人に被害が及ばない様にするべきなのです。パラオ共和国で日本軍が行った行為は、まさに「戦争のルール」を守った行為なのです。「戦争にルールなど無い」と思われるかもしれませんが、実際はあります。

例えば、非戦闘員への攻撃禁止や捕虜の非人道的な扱いの禁止、病院施設への攻撃の禁止、地雷やクラスター爆弾の禁止等です。ただし、ほとんどは守られません。特に負ける側の国はそんな事にかまっていられる余裕はありません。その点からも、パラオでの戦いは日本軍の負け濃厚という事が分かっていたので、その行為はお手本となるべき姿なのです。


↓戦時国際法(国際人道法)ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%99%82%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95

上記のように、日本軍の統治や現地での軍人のあり方が現在のパラオ共和国の国旗を生み出したのです。
日本軍が悪い事をアジア各地でしていたら、このような国が現れますでしょうか?
インドやアジアの国々のほとんどが親日国家である事を考えれば、日本の統治と軍が世界に誇れる事が分かるのではないでしょうか。アジアや世界中を探しても日本軍の批判をしているのは歴史を簡単にねつ造をする「中国・韓国・北朝鮮」だけです。木ばかりを見て、森を見ない人はいつまでも日本の過去を批判しますね。もっと視野を広くしたら必然的に何が正しいか分かるはずです。

色々な事を調べていると、日本の歴史や教育の矛盾が見えてきます。日本では特に正しい教育や、過去の上記のような良い事は教えてもらえません。日教組のせいですね。(日教組については過去のブログを参照して下さい)

正しい歴史を知り、己の知識を身につけて子供たちに教えていく。これは親として義務だと思います。
日本の「義務教育」は信用できません。親として正しい「教育」を出来るように、色々調べてみると良いかもしれないですね。

子供たちが日本で生まれた事を幸せに感じ、誇れるようにしていきましょう!





最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。

    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/25 01:53 ] 日本の良い部分 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。