日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  親日国 インドネシア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親日国 インドネシア独立記念パレードでは日本の歌が歌われている。

太平洋戦争の時に、インドネシアに派兵された方の話です。


 そこで見たのは、300年間におよぶオランダの植民地政策でした­。現地の人達には、愚民政策が徹底して実行されており、紙と鉛筆は­、支給禁止でした。 小学校の授業も、ノートや鉛筆は、現地の人達には与えられず、­教科書も粗末なものだったそうです。 化学や物理、数学や英語や歴史の科目は、ほとんど教えら­れていませんでした。 ノートも鉛筆も無い授業ですから、内容は知れています。

 武器もオランダ人は銃を持てるのに、現地の人は、禁止されてい­ました。 現地の人達の集会や会議も禁止されていました。 綺麗な女の子は幼な妻として、オランダ人が妾としていました­。

 そこに、日本が行って本国と同じような小学校教育をしたので、­大変喜ばれました。 勿論、生徒にはノートと鉛筆も全員に支給されました。 軍事教練では、禁止されていた銃を与えて、その操作方法も徹底し­て教育して感謝されたそうです。

日本が降伏した後、8月17日、インドネシアは独立宣言をします。
これに反発し、イギリスとオランダが、インドネシアに宣戦布告。
インドネシア独立戦争が勃発します。

初期の日本兵はオランダに協力するように見せかけました。
武器の運送を命じられると、その武器をインドネシア人に横流ししました。v 手口がばれると、PATA側に協力して全面戦争に参加します。
度重なるゲリラ戦の結果、4年5ヶ月の戦争で80万人が死亡し、2000人の日本軍のうち、1000人が戦死しました。
各国の非難がオランダに集中し、植民地をあきらめ、独立を承認しました。



↓現在でも感謝の意を形に表してくれる、律儀で誠実なインドネシアの独立記念パレード



1000人の日本兵は、インドネシアの国営英雄墓地に埋葬された
indonesia01.jpg

その中の6人の日本人が独立名誉勲章(ナラリア勲章)を受賞した。
indonesia02.jpg

このような背景もあり、インドネシアの独立記念日には男女2人に日本軍の格好をした3人で国旗を掲揚します。
indonesia03.jpg

また、賠償の交渉に当たったアルジ=カルタウイナタ氏 「独立のお祝いというつもりで賠償金をください。日本が悪いことをしたから賠償しろというのではありません。」 と発言をしました。

2001年、この話は映画になり、インドネシアのラピフィルムと日本の東宝映画が共同で作品を作ります。(インドネシア軍全面協力)
http://www.toho.co.jp/movienews/0104/04mrdk_kh.html http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD195/ 映画の題名、ムルデカは独立と言う意味である。


インドネシアタイムスのジャマル・アリ会長 「我々には、日本を批判するだけの韓国や中国と違って歴史とプライドがある。」

日本が、インドネシアのオランダからの解放をした事実、オランダの酷い植民地政策とは違う日本のインドネシアに対する教育・インフラ整備や独立に協力した日本兵たち。感謝される内容がたくさんそこにはありました。

今でも、独立記念パレードで日本への感謝を忘れない律儀な国インドネシア。この両国は今後、アジアの更に強力なパートナーとなるでしょう。


今の政治家や外交官僚に言いたいことは、「インドネシアのような律儀な国と協力し合って」
「中国・韓国の様な恩を仇で返す国とは表面だけの付き合いをしろ」です!


人間でもそうですが、付き合う相手を間違えると後々、自分がひどい事をされます。
今の日本は付き合う相手を間違えていると思います。
政治家や外交官僚は自分の子供や孫を住まわせたい国や、将来一緒に仕事をしてほしいと思う国と友好を深めるべきです!

そこをしっかり考えて、付き合うべきパートナーと確固たる協力体制を築いて下さい!

しっかり家族の今後を考えて外交をしましょう!! きっと、今が間違っている事に気づいて頂けるはずです。

これでも気付かないなら、政治家や官僚を辞める以前に家族を大切にしない、最低な人間ではないでしょうか?可愛いわが子の顔を見て政治をして下さいね。




最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。

    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。