日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  スポンサー広告 >  日本の良い部分 >  日本は世界からどう見られているか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本は世界からどう見られているか?

ある政治家のサイトに面白い情報がありましたので、紹介させていただきます。

ここには、日本が世界からいかに「良い国」と思われているかが分かりやすく書いてあります。

BBCワールドサービスの調査の中に「世界への貢献度」というものがあります。2005年からの3年間、日本はトップの地位です。英国人の70%は日本に好感を抱いているのです。特に若い世代にはダントツに好印象!

2005年以降、BBCが世界の34カ国を対象に「世界への貢献」(influence)という観点から主として肯定的か否定的かという調査を行っていますが、その結果は日本は3年連続で肯定評価を最も多く集める国となっている。2008年は肯定評価面ではドイツと並びトップであるものの、否定的評価でドイツよりも悪い結果を得ているので、僅差の2番手になっているが、評価が高いことには変わりはない。

 日本に対する肯定的評価が特に高いのは、ケニヤ(78%)、イスラエル(75%)、インドネシア(74%)、米国(70%)、英国(70%)、フィリピン(70%)、オーストラリア(70%)の順で続き、平均では56%の肯定的評価を得てドイツに並ぶ高評価を得ている。特に欧州においては英国の70%を筆頭にすべての国が日本を肯定的に評価している。

 日本の評価の足を引っ張ったのは、中国の55%韓国の37%というマイナス評価が大きい(中国の対日肯定評価は30%、韓国の肯定評価は37%)ことが要因です。隣国からの評価が低いことの理由は様々あるのでしょうが、野上大使が指摘されるように歴史的な経緯に基づく反日教育の影響があることは容易に予想できます。

 この中で特に面白いのは、日本人自身が日本に対して肯定的評価を行っている割合が小さいこと。流石に否定的評価は15%と小さいものの肯定的評価も隣国からの評価並みに36%と小さく、自分の国に対する卑下した見方を行いがちな日本人の姿が浮かび上がります。これに対して中国の自国に対する肯定的評価は90%、否定的評価は4%と、自意識が高いことが鮮明に浮かび上がります。自意識に関して言えば、「自信喪失」の日本、「自信過剰」の中国、といった対比が成り立つ格好となります。

 しかしながら、少なくとも世界の世論から見る限り、日本の高評価はほぼ世界の共通の認識である。ドイツに並ぶ高評価で日本の評価は米国の35%という低評価を遥かに追い抜き、実は世界に誇るべき評判である。

 残念ながらこうした評価は日本の新聞で大きく取り上げられることはないのです。4月2日のBBCの調査結果も私は日本の報道で見た記憶がないです。日々の新聞の一面記事を見ると日本の国を自己否定する記事が満載。これでよく日本の国際評価が高く保たれてるか不思議。英国の高級紙では、日本に関する記事は比較的落ち着いた好意的な記事が多いです。

 戦争をしない、争いを避ける、他人に思いやりがある、食事がおいしい、武器輸出をしない、声高な主張をしない、キチンとしている、日本製品の品質が高い、環境に優しい国づくりが進んでいる、日本製アニメに親しみを覚えるなどの様々な要因があるのだろうが、こうした世界の共通した対日観をもっと日本人自身が正しく認識し、ある意味での「世界的信用」をもっと生かす国づくりをする必要があるのではないでしょうか。

↓リンク
むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党


これを読んで思った事は、この国を現在の高評価に導いてくれた先人達に感謝をし、なぜ世界がこのような高評価をしてくれるのか。高評価をしてくれるにも関わらず、なぜマスコミはこの事を流さないのでしょうか。マスコミが正しくないのであれば、今の間違った情報に流されないように、自分自身で色々な事を調べ確かめるべきだと思います。

自分自身で真実を調べていけば、日本が必ず今よりも好きになり、日本人である事に感謝し、日本人であることに誇りを持てるはずです!

ただし、残念ながら今の日本には国内から日本という国を崩壊させようとする力がはたらいています。君が代を歌わせない教師や外国人参政権を押し通す政治家達。これが今後の日本の為になるの?と考えれば大人なら分かるはずです。

今こそ1人1人が考え、行動していかなければなりません。このままいけば、10年後、20年後には日本は更に
中国や韓国の思うがままの国になってしまいます!

反日教育をする国とは、仲良くなれるはずがない!世界がこれだけ高評価をしてくれているのに、日本が嫌いだと答える韓国の事を好きだとあなたは言えますか?言えるなら芸能のみにしか興味がない方ではないでしょうか。

奥様やお母様方、「韓流、韓流」という前に、その国がどういう国で日本に対してどういう感情を持っているのか考えて下さい。

↓ぺ・ヨンジュン様も出ています!


芸能を否定する気にはなりませんが、その芸能人達は儲けたお金を反日記念館などに寄付している事実も知って頂きたいです。それでもファンなら素晴らしい韓国ファンだと思い尊敬します。

日本の10年、20年、30年後は横にいる子供やお孫さんの住みにくい国になってないと良いですね! 心からそう願います。

自分が生まれた国を誇りに思うことは、親を尊敬するのと同じくらい重要ではないでしょうか?


今こそ今後の為に、無責任な行動はやめて、子供達の為に日本を良くする事に関心を持ちましょう!

どうか隣に眠る子供の安らかな寝顔が20年、30年と続きますように・・・。




最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/04/22 02:21 ] 日本の良い部分 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/11/25 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。