日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  スポンサー広告 >  日本の駄目な部分 >  学校で本当にある恐怖のお話(日本教職員組合の真実・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学校で本当にある恐怖のお話(日本教職員組合の真実・・・)

日教組(正式名称:日本教職員組合)とはどんな団体でしょうか。

活動・思想内容は以下の通りです。

●左翼・反日・自虐史観
●ゆとり教育などによって日本の教育を崩壊
●自分たちのイデオロギーに反する者は、圧力によって自殺に追い込む
●過激派・部落・北朝鮮などの反日・犯罪勢力と癒着
●民主党(過去には旧社会党)の支持母体
●反日マスコミと結託

↓【伊藤玲子氏】日教組に洗脳されている子供達の現状 長年、日教組と闘ってきた方の証言。
まずは日本の歴史から。(長いけど読んで下さいね)

大東亜戦争敗戦後、
GHQは日本の民主化という名目のもとに様々な政策を実施する。
明治憲法の抹消、修身や教育勅語の廃止、 東京裁判による日本罪悪史観の注入等がそれである。
日の丸・君が代の禁止もその中に含まれていた。


本当の日本の歴史

これらは、戦前の軍国主義を一掃するためというより、
愛国心やモラルを剥奪することによって日本人を骨抜きにし、 日本を弱体化させるためであった。 アメリカは、日本の参戦によって 欧米列強がアジアに築いた植民地や権益を奪い取られたことを恨み、 また蔑視の対象であった東洋の小国が大国アメリカを敵に回して 果敢に戦ったことを恐れ、日本が二度と脅威とならないよう徹底的な 「精神的武装解除」をおこなったのである。

更に、GHQは民主主義を啓蒙するために、社会主義者の活動を許し、 教員の政治団体や組合結成を奨励した。 後にGHQはこれを後悔してアカ狩り(共産主義)に転じるのだが、 まだ庇護の対象であった社会主義者はGHQの後ろ盾を得て、 猛烈な勢いで情宣活動を開始する。 こうした動きの中で、日本教職員組合が結成される。

昭和27年に設けられた「教師の倫理綱領」には 「教師は科学的真理に基づいて行動する 」という項目があったが、 この科学的真理とはマルクス主義を表していた。 日教組は創設当時から天皇制、日本政府打倒を掲げて、 階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指していたのです。

上記の事を読んで、どう思いましたでしょうか?
特に我が子がいる親御さんたちは、何か感じたのではないでしょうか。
何せ、先生方の40%が加入している団体なのです。年々加入のパーセントは減ってきていますが、 油断はできません。一部過激な活動をしている人もいます。(生徒に国家斉唱をさせない等)

あなたの子供の先生は、そんなことしてないですよね?
もし、思い当たるのであれば「ババ」を引いてしまったようなものです。

そんな教師は学校で何を教えているかわからないですよ!

正しい事を親として「教え」「育てる」これが「教育」だと思います。間違った思想や共産主義の悪の手から、我が子を守れるのは、教師でもない、警察でもない、親である「あなた」なのです!

↓詳しくはこちらへ(色々な問題が載っています)
日本教職員組合ウィキペディア



最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/04/23 00:03 ] 日本の駄目な部分 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
77位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。