日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  スポンサー広告 >  日本の駄目な部分 >  「世代間公平」と「共助」とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「世代間公平」と「共助」とは?

↓年金一元化は検討課題、厚労省案(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/JPpolitics/idJP2011051201000893
2010年 総人口 12,800万人  65歳以上 28%
2050年 総人口  8,000万人  65歳以上 40%
2015.gif
上記は、日本の現在の人口と高齢者の割合です。
これを見て、どう思われるでしょうか?

この数字から分かることは、総人口の減少と高齢者の増加ですね。
この状況が進むと、とんでもない事が起きます。

年金の破綻、若者の負担増大、景気減退・・・。

日本の今後はお先真っ暗です。しかも、テレビや新聞のメディアは隠している為、今後の若い世代に与える被害は想像以上です。


img02.jpg

上記の表の通り、2030年には5人に1人が、2050年には4人に1人が高齢者を支える事になります。
支えあう事と高齢者をいたわる事は、とても大切な事だと思います。
私も、親や祖父祖母を大切にする事を意識していますし、尊敬の念を忘れた事はありません。


この豊かな日本を作り上げてくれた、親以外の方達にも感謝の気持ちが当然あります。

しかし、下記のグラフをご覧ください。
kojin_sisan.gif

グラフを見ると、50代以上が金融資産の7割を占めていますね。
反対に、今後結婚や子育てを頑張らなければならない20代、30代の方達の資産は15%ほどです。


このグラフから分かる事は、いかに現役を終えた世代がお金を貯め込んでいるかという事です。
今まで、長い間働いてきたので当然と言えば当然です。


しかし、国民の1人当たりの借金は平等に700万以上あります。


↓借金時計サイト
hhttp://www.geocities.jp/mkqdj167/japan.htm
社会保障改革に関する集中検討会議5/12の様子
reuter.jpg
(左から・・・もうすぐ引退、高齢者の為に増税!与謝野経済財政政策担当大臣  外国人から献金貰って返せば済んでしまうキレる大人代表!菅総理  唯一、内閣で頑張っています!枝野官房長官  消防隊に「原発に放水を行わなければ処分」と恫喝し、地震で被害を受けて倒産する企業を放置する 海江田経産相


ここから、現役を引退された方々を悪く言う事になりますがご容赦ください。
反論があれば、貴重な意見ですのでどんどん下さい。


上記国民1人当たりの借金は、日本の総人口で割った数です。
つまり、何の責任も無い子供たちや赤ちゃんの数も入っています。
何の責任も無い子供や赤ちゃんに残す事が分かっているのに、資産を自分の老後の為に貯め込むのでしょうか?


この国を豊かにし、インフラを備え、色々な物を作り上げてきた。確かにその通りですが、 借金をして作り上げてきたとも言えると思います。

言いかえれば・・・、
親 「色々、便利なものを買ってやったじゃないか!」(クレジットカードや借金)
子 「借金してまで頼んでない!しかも、何で私たちが返さないといけないの?」

という事になりますね。

仕事をバリバリ頑張ってきたのも確かですが、借金してまで物を作って下の世代の仕事を食いつぶした揚句、借金を押しつけている事になります。

しかも、「高齢者をいたわる」や働けない世代だから「面倒をみるのが当たり前」など否定しにくい言葉を連発します。

自分らの世代だけ良ければいいという感情が丸わかりですね。
貯め込んでいるのに、「年金は減らすな」「医療費は上げるな」では筋が通りません。


残念ながら、このままだと必ず「世代間抗争」が起きます。その時には遅いです。
50代以上は、その人達の税金や資産でお互いを賄って頂くようになります。

下の世代が不平等感を覚えた時に、上の世代を支えようとは思いません。
今はごまかされていますが、今後状況が酷くなるのは確実なので、不平等感はどんどん広がっていきます。
もう少し、不平等感を与えない程度に抑えておくべきでした。


高齢者達は自分達の為にも子供や孫、若い世代の事を考えるべきです。

若い世代の繁栄がなければ、子供を作らないわけですから少子高齢化がどんどん進みます。
少子高齢化が進めばどうなるでしょうか?経済は衰退し人口が減り、年金システム・社会保障システムの崩壊。
最終的に、高齢者に降りかかります。
最終的になので、この日本の高齢者優遇システムが保持されているのですが・・・。

人口が減るという事は、日本の経済力・影響力がなくなるという事になります。
そうなると、今までのように平和ボケした日本では日本を弱体化させようとしている、国々の影響を受けやすくなります。(中国・ロシア・韓国等)

アメリカも守ってくれなくなる可能性も否定できません。
なぜなら日本がある程度、経済的にも人口的にも大きな国であるから利用価値があるのです。国土も小さく、資源も無く、人口も衰退した国に利用価値はありません。その時にアメリカは本気で守ってくれますでしょうか?
はたして、その時に子供や孫たちは笑顔で安全に暮らせているのでしょうか?

ここで、60歳以上の高齢者の方々に提案があります。

お金を返せ!などと大人げない事は言いません。

資産がある方は、貯め込まず子供世代や孫世代の事で沢山お金を使ってください。(家や車の購入・家族旅行など) お金を趣味に使うのは結構ですが、今後の日本の為になる事に使ってください。
良い例・・・子供や孫の為にお金を使う。(家や留学など次世代の為になる使い方)   ダメな例・・・パチンコ、韓流、東日本大震災の方達を放っておいてGWに海外旅行に行く方々。(台湾はOK。義捐金額が160億円以上です!)自分の今後の事だけを考えて、いつまでも貯め込む人。

時間がある人たちは、今後の日本の為に活動をして下さい。
子供や孫たちが、住みやすい日本を創る活動です。反日教育や今後の日本をダメにする団体や売国政治家を少しでも阻止し、見回りや警備などをして、子供や孫が犯罪に合わないように協力をして下さい。ただでさえ子供が少ないので、馬鹿な犯罪や交通事故で失われる事の無いように、貴重で小さな命を守りましょう。

今までしてきた事を批判してもはじまりませんので、せめて協力の姿勢だけは見せて下さい。
「お金も時間も、自由に使わせろ!」と思った大人の方々・・・。

残念ながら、

「学校へ行くのも休むのも、俺(私)勝手だろ!」という子供と一緒のレベルです。
こういう発言をする、大人の方々ほど「今の若い者は・・・」を連発します。自分の事は棚に上げるのが得意です。


大人なら、「自責の念」が必ずしも少しはあるはずですね。

この希望のない日本を創ってきたという自覚が無いなら、本当に若い世代の事を考えていない、利己主義で大人になれていない子供だと思います。

自分達だけ、良ければ良い。そんな世代が、今の希望のない日本を創り上げてしまったと思います。
「選挙権があろうとも、政治責任は自分達ではどうしようもなかった・・・。」この言い訳はたしかに一理あると思います。
政治家が約束を破れば、有権者の責任にはなりません。マニフェストを全く実行しない、今の民主党が良い例です。

しかし、個人資産の貯め込みは政治とは関係ないですね。提案させて頂いた事で1つもやれる事がないという高齢者の方々・・・。「子供や孫の前で同じ事が言えますか?」

見回り等や交通安全など、お金が無くてもできる事があるはずです。
防犯委員などのタスキをして、健康の為に散歩をして下さい!歩ければ誰にでも出来ます。
健康と地域防犯で一石二鳥ですね!

少しでも、子供や孫が希望を持って笑顔で暮らせる日本に世代が関係なく協力して行けると良いですね。




最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/12 23:43 ] 日本の駄目な部分 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
73位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。