日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  スポンサー広告 >  中国のアジア侵略 >  中国の日本侵略!日本の領土「尖閣諸島」を占領する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国の日本侵略!日本の領土「尖閣諸島」を占領する。

尖閣諸島をご存知でしょうか。ここの島が有名になったのは、尖閣諸島中国漁船衝突事件で中国漁船が海上保安庁の巡視船に激突した事件で一気に有名になりました。

民主党は、犯罪を犯した中国人漁船船長を釈放するという、とんでもない失態をしました。日本国内でわざと衝突事故を起こした外国人を釈放するという考えられない行為です。これがまかり通ってしまえば、中国人は日本国内で犯罪をしてもお咎めなしになってしまいます。

では、なぜ尖閣諸島が重要なのか考えてみましょう。
尖閣諸島は無人島で、大した事ないと思っていませんでしょうか。

たしかに、無人島で本島から離れている為大した事ないかもしれません。
しかし、尖閣諸島を中国に抑えられてしまうと、一気に沖縄の手前まで中国領になってしまいます。
中国は日本を南から、占領しようと狙っています。

その第一歩が尖閣諸島なのです。その次が当然沖縄ですね。
沖縄の次は、九州、本州と迫ってきます。

「そんな事あるわけない・・・」と思った方々。

実際、チベットやウイグル、内モンゴルは中国に侵略され、占領されている事実があります。
それでも、日本は大丈夫だと思っている方々は、「自分だけは事故に合わない」という考えの方ですね。


実際、中国から日本に向けてミサイルが向いています。

↓中国がミサイルを向ける先には日本が・・・
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5738?page=2


ここで重要なのは、今をしっかりしておかないと「自分だけ」ではなく「子供達や将来生まれてくる命」に関わってくるという事です。「日本だけは大丈夫」という考えは非常に無責任になります。
ミサイルを向けられて、反抗できますでしょうか?中国は核保有国です。
日本は平和国家の為、どこの国にもミサイルを撃つ準備はしていません。

ナイフを持った犯人に、両手が無い状況で反抗できますでしょうか?
「言いなり」になるしかないですね。中国の狙いは、日本の占領または「属国化」です。「属国化」とは言いなりになる国の事です。

「友愛」と言っていた鳩山元首相は、上記のような犯罪国家である中国と仲良くしようとしていました。
犯罪者や泥棒と仲良くなりたいと思う人はいるのでしょうか?


何としても、日本や子供達の未来を守らなければならない・・・。
その為には、まず尖閣諸島を全力で守る事です。
尖閣諸島は中国のものではありません。正義は日本にあります。


下の動画では、尖閣諸島が日本の領土である理由が流れます。

↓尖閣諸島の正しい歴史と日本領だという証明


尖閣諸島は次の7島の事を言います。

魚釣島(うおつりじま)・久場島(くばじま)・大正島(たいしょうじま)・北小島(きたこじま)・南小島(みなみこじま)・沖の北岩(おきのきたいわ・)沖の南岩(おきのみなみいわ)・飛瀬(とびせ)

1880年代後半から1940年にかけ、日本の琉球諸島の住民が建設した船着場や鰹節工場などがあったが、後に無人島化した。しかしながら、1968年に尖閣諸島付近海底調査で石油や天然ガス等の大量地下資源埋蔵の可能性が確認されると、これ以降は領有権を巡って中華人民共和国と中華民国が領有権を主張し始める。日本国政府は沖縄県石垣市に、台湾は宜蘭県に属すと、各々主張している。

中国は動画でもあったように、1965年では中国自身が作った地図で、尖閣諸島は日本領だと認めています。しかし、天然資源がある事が分かった途端、自分の領土だと主張をしてきました。中国がいかに、歴史を重んじず自国の利益の為なら無理やりでも我が物にしようとするとんでもない国である事が分かります。

先の中国船の衝突事件は、日本の出方を伺う為の動きです。
泥棒や犯罪者も、相手の家の状況や情報を調べますね。中国も先の衝突で、日本がどれだけ本気でぶつかってくるか試していたのです。しかしながら、民主党は船長を釈放してしまいました。これでは「泥棒に入ってきてください」と言っているようなものです。


これから先、中国は日本に対して挑発行動をとってきます。その時の日本の対応が、子供達やこれから生まれてくる命の運命を握っているのです。

我が子達や、これから生まれてきてくれる命の為にも、大人である私たちが日本を守るために頑張らないといけません。
自分達の世代だけを考えるのをやめましょう。子供たちの将来の笑顔を作るためにあるのです!




最後まで見て頂き、有難うございます。 今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/15 00:31 ] 中国のアジア侵略 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
73位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。