FC2ブログ

日本の為に!我が子達の未来の為にできる事

今の日本の構造に疑問はないでしょうか。我が子達の時代は、このままで大丈夫でしょうか。我が子達の時代の為に、今の大人達が作り上げた日本にメスを入れます!今こそ立ち上がりましょう!!
日本の為に!我が子達の未来の為にできる事 TOP  >  スポンサー広告 >  日本の駄目な部分 >  日本の幸福度75位!?「幸せ」とは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本の幸福度75位!?「幸せ」とは。

経済協力開発機構(OECD)は24日、国民の幸福度を測定する11項目の「より良い暮らし指標」を発表しました。
それによると、日本はOECD加盟34か国中、19位でした。


↓OECD幸福度(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110524-00000111-mai-bus_all

◇11項目の日本の評価◇(カッコ内は私の分析です)
 
住居・・・・・・・・・・・・・・・・・・6.1  (建物は古いが、数はある)
収入・・・・・・・・・・・・・・・・・・3.7  (全年齢平均は他国に比べ高いが、若年層の収入は少なすぎるのと上がらない)
雇用・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.5  (これも上記同様、大学生や高校生等の若年層の雇用は少ない)
社会のつながり・・・・・・・・・5.7  (個人自由主義が社会に蔓延した事と核家族化)
教育・・・・・・・・・・・・・・・・・・8.8  (義務教育制度とほとんどの人がが高卒以上という事で評価が高い)
環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・6.7  (良くも無く悪くも無く)
政治への信頼・・・・・・・・・・4.8  (国民の為でなく、政権をとる為の政治が表面化してきた)
健康・・・・・・・・・・・・・・・・・・5.1  (食べ物の品質は良いが、長時間労働による運動不足やストレス等)
生活の満足度・・・・・・・・・・4.5  (これも年代別でかなり開きがあると思う。若年層は低い)
安全・・・・・・・・・・・・・・・・・・9.7  (これは世界に比べれば安全という評価)
ワーク・ライフ・バランス・・・4.1  (長時間労働と給料減少、自分の時間(趣味や運動)減少)

上記が日本の評価です。安全・教育が高く、収入・生活の満足度・政治への信頼が低いですね。
これに、「将来の希望」という項目もほしかったです。(たぶん日本は低いと思いますが・・・)


世界には、幸福度の高い国、低い国があります。イギリス国立レスター大学のエードリアン・ホワイト教授によると

1) 良好な健康管理
2) 高い国内総生産(GDP)
3) 国民の強い同一性
4) 教育を受ける機会
5) 景観の芸術的美しさ

これらの条件が整った国の国民は「幸せ」と回答する傾向にあるそうです。


幸福度の世界地図(世界の幸福地図)
well-being.gif


世界の平和度指数の地図(Global Peace Index)
peace-index-2009.gif

世界地図を見ると、アメリカ・カナダの北アメリカとオーストラリアと中東地区が幸福度が高いですね。
平和指数も北アメリカ・オーストラリアは高いです。

北アメリカとオーストラリアは幸福度と平和指数が非常に高いので、住みやすい地区とも言えるでしょう。

この3カ国(アメリカ・カナダ・オーストラリア)に言える事は、
①資源国である事
②農業大国である事
③近くに脅威となる国が存在しない事

上記の3つが当てはまると思います。
①資源は国にとって重要ですね。②農業も食べる事に困らないという事は国民は安心します。③近くに脅威となる国が存在しない事も国民の安心につながります。


では、日本はどうでしょうか?
①資源国・・・日本では資源はほとんど産出されていません。エネルギー資源を外国からの輸入に頼っています。
②農業 ・・・これも、食料自給率は約40%であり60%は輸入に頼っている状態です。
③脅威 ・・・中国・北朝鮮・ロシアの核保有国達と日本は領土問題を抱えています。(そして中国のミサイルは日本へ向いています)

上記のように、日本の現状は深刻です。歯車がひとつ狂えば一気に生活は悪くなるでしょう。
上記に加え、借金問題や年金問題、医療問題などが山積みです。


「将来の希望」という項目があれば、間違いなく評価は低いと思います。

幸福というものは、感じ方になるので評価するのは難しいという部分もあります。
裕福を知らない国は、生きている事が幸せと感じることもあるようです。

現に(CNN) 英国のシンクタンク、新経済財団(NEF)が世界143カ国・地域の「幸福度」について調査した結果、
1位・・・コスタリカ 2位・・・ドミニカ共和国 3位はジャマイカ・・・と先進国は10位以内にランクインしていません。

ちなみに日本は75位です。

↓英国シンクタンク(NEF)の世界143カ国・地域の「幸福度」 http://africa.travel.coocan.jp/hpiranking.html

上記をみると、幸せは自分自身が決めるものだと改めて感じました。
しかし、自分の物差しを決めるのはメディアです。自分自身で幸せを定義出来る強い人はどれだけいるでしょうか?

大体が、テレビや雑誌を無意識のうちに自分の「幸せ」や「不幸」と結び付けてないでしょうか?
当然といえば当然です。人間は何かと自分を無意識のうちに比べるからです。


日本の幸福度の低さは、「メディアによる原因」と「将来の希望が無い事」によるものだと思います。

「メディアによる原因」とは、日本バッシングや物欲にとらわれすぎる放送や広告などで「物欲」=「幸せ」になってしまっているのではないでしょうか。もっと大切な「何か」を忘れているような気がします。

将来の希望が無い」というのは、人口減少(少子化)、年金問題、医療問題、就職難、国の借金などでしょう。

幸福」とは将来に希望を持てる事と、家族や友人などの身近な人達とのコミュニケーションがうまくいく事ではないでしょうか。今はリタイア世代と若者世代があまりにも不公平で、身近な人達とのコミュニケーションがうまくいっていない気がします。同時に将来に希望を持てない若者が多いと思います。

「世代間幸福度」という指標があったら、明らかに年代が若くなるに従って「不幸」と感じる人が多くなるでしょう。
上の人達が作った借金を返し、同時に医療費や年金の面倒も見なければならないのですから当然です。

もう少し、「子供の世代」「孫の世代」そして「これから生まれてきてくれる命達」の事を考えた社会システムの構築を作って頂ければ「将来の希望」が若者や子供達にも見え始め、それが「幸福度」や「やる気」につながるのではないでしょうか。

そして、その時に初めて本当に助け合えるようになる気がしますね。

国や家族、個人レベルで、「幸せ」とは何かを改めて考える必要があると思います。





最後まで見て頂き、有難うございます。
今後の日本と子供達の為に頑張りますので、応援クリックと拍手で応援して頂ければ幸いです。

    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/26 01:50 ] 日本の駄目な部分 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

真田竜馬

Author:真田竜馬
子持ちサラリーマンパパです。
子供の将来を考えると、このままの日本で本当に良いのか?沢山の疑問があります。自分の為には、あまり今後の日本を考えなかったですが、可愛い我が子を見ていると放っておけない・・・。日本の為に、そして子供達の未来の為に、子供に伝えたい日本の良い所や危機的状況を更新します!子供達の未来は私たち、大人の手にかかっています。応援よろしくお願い致します。
気軽に声をかけてくださいね(^_-)-☆
日本を皆さんで良くしましょう!目指せ自立日本!!

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
41位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。